かぼちゃの馬車>ブログ記事一覧>【意外と負担・・・】敷金・礼金って本当に必要なものなの?

【意外と負担・・・】敷金・礼金って本当に必要なものなの?

≪必見!あこがれの都内に格安で住む方法5選... 記事一覧 一人暮らしと実家暮らしのメリット・デメリット...≫

【意外と負担・・・】敷金・礼金って本当に必要なものなの?

テーマ:
皆さんがお部屋を探し、いざお部屋を借りる際に普段あまり聞いたことないような言葉を耳にしたことがありませんか?わからない言葉が出てきても、そのまま聞き流していませんか?
今回はお部屋を借りるにあたって、必ずといって重要となってくる敷金・礼金についてご説明していきます。(但し、お部屋によって敷金、礼金がないお部屋もあります。)


敷金・礼金の違い


まず、簡単に説明しましょう。
敷金・・・入居時に預け入れて、退去時に戻ってくるお金
礼金・・・家主にお礼として支払うお金。
敷金と同じ意味で使われる用語で敷金のことを保証金と呼ぶケースもあります。

知ってると知らないでは、初期費用にも大きく影響してくる可能性があるので覚えておいてください。

敷金と保証金について

まず、敷金とは基本的に契約解除の際に、手元に戻ってくるお金のことです。関西では保証金と呼ばれているところもあります。
どちらも同じ意味合いですが、このお金を納める目的としてはもし家賃や公共料金などの滞納があった場合、または契約が終了してお部屋を出ていく場合、修理、修繕が必要になってきた際に、この敷金、保証金から差し引かれるものです。
家主側は、部屋をどんな人が借りてくれるのか不安です。
もし家賃を滞納されたら?お部屋に傷をつけられたら?そんなときのための保険のようなもので、この敷金または保証金を入居時に納めることになっています。

礼金について

続いて礼金ですが、昔から賃貸借契約に地域的な習慣やしきたりのようなものがあり、 それによって発生する費用です。家主側に契約した際にお礼金として支払われる額で返金されません。

敷引きについて


敷引き…敷金、保証金から退去時に差し引かれるお金のこと。
契約の際には敷引きされる額が決まっています。これは入居期間が短くても戻ってくることはありません。
簡単に言うと、
礼金=最初に渡すお金、敷引き=退去時に引かれるお金になります。

注意点
お部屋を極端に汚してしまったり、故意的に壊してしまったりしてしまった場合は、 敷引きとは別に修理費用や清掃費用が請求されることがありますので注意して、 お部屋探しを検討しましょう。

礼金の習わし

その昔、地方から東京へ進学や就職で移転してきた若い人の身内が、「家主にお世話になります」という意味合いで渡した習慣が続いているという説があります。

敷金、礼金、保証金は法律で定められたシステム?

慣習ですので、法律では定められていません。特に礼金に関してはお礼金なのに、金額が定められているのはおかしいとの見解もあり、最近の物件には礼金なしの物件も多くあります。UR賃貸住宅、公営住宅では、もともと礼金はありません。

まとめ


敷金、礼金についてトラブルにならないためにも、契約時に重々確認して納得のいく形で契約しましょう。そして用語を理解して、損のない対応を心掛けましょう。
特に、退去時に契約事項が適切に守られているかどうか注意したいものです。
皆さんが家を借りる際に、少しでもお役に立てれば幸いです。
≪必見!あこがれの都内に格安で住む方法5選... 記事一覧 一人暮らしと実家暮らしのメリット・デメリット...≫

トップへ戻る